司法権とはどういうものなの?

すべて国民は、基本的人権を保障され、公平な裁判を受ける権利を有することを憲法によって守られています。日本は、司法・立法・行政の三権分立制であり、その司法を行うのが裁判所です。

 
司法の概要を説明すると、裁判によって個々の争訟を法律を適用し、解決する機能のことを言います。司法は他の2つと隔し、いかなる権力や政治的圧力も及ばないものであり、それ故他の2つに対して優位を保っています。なぜなら、そのような外部要因によって、公正な裁判が行われなければ、国民の人権が保障されないからです。憲法で守られたこの優位を、司法の独立・司法の優越と言います。

 
司法の権利は、すべて最高裁判所及び法律の定めるところに設置する下級裁判所に属しています(憲法第76条)。当事者間の具体的な争訟を解決するには、法律によってその事案を解決してくれる機関が必要です。最高裁判所にはさらに、他の行政や立法に介入する権利を有し、審査する力も持っています。

kansou

 

しかし司法の力にも限界はあり、最高裁判所には他の2つを審査する権利がありながら、実際にはほとんど機能していません。これを司法の限界と呼んでいます。また、独立した司法に、唯一介入できるのが弾劾裁判の制度で、これによって、司法が独裁状態に陥らぬよう機能しています。