司法権の独立の意義とは?

日本国家に置いては、裁判は公正に行われるものであり、また日本国憲法で唄われている基本的人権を尊重するため、司法である裁判所は立法である国会や行政である政府とは独立であることが定義されています。これは政治的な理由、圧力などにより裁判の結果が左右される危険が大きいこと、立法の意図的な圧力などにより不当な裁判が起こることを防ぐために非常に重要です。

 
裁判所の判断が行政や立法の影響を万が一受けた場合には、その時代背景、政治的背景、世論などにより、例えば同じ犯罪を犯した者に対しての判決が異なるなどの事態が発生することが想定され、人間としての基本的な人権が尊重されなくなる危険があります。また過去の世界の歴史の中では、為政者が自分の政治活動に異議を唱えるものを裁判で有罪とした例も多いことから、為政者の政治師団としても利用されてきました。この歴史的背景を踏まえ、現在の裁判所は、日本国憲法で定義される、すべての国民は基本的人権を保有し、いかなる自由においてもこの基本的人権は尊重されるものであるという理念を尊重し公正に裁判を行っています。

 
そのため、裁判官の身分についても、政治的圧力などで罷免されないように、公の弾劾によらなければ罷免されないと定義されています。

 

kansou